2008年06月15日

歯周病とはどのような病気か?

歯周病(歯周疾患)には歯周組織に生じるいろいろな病気が含まれますが、そのほとんどは歯垢(プラーク)中の細菌によってひきおこされる炎症性疾患、すなわち歯肉炎と歯周炎よりなります。歯周炎はムシ歯(う蝕)とならんで歯がなくなる二大原因の一つとしてあげられ、とくに成人期以降では最も重要な位置を占めています。以前は、加齢とともに歯槽膿漏になって一本または一本と歯がなくなり最後は入れ歯になると考えられていましたが、膨大な疫学的調査や基礎、臨床研究の結果、歯肉炎や歯周炎を予防したり治癒させたりすることができるようになってきました。

歯肉炎、歯周炎はプラーク中の細菌からの有害物質によってひきおこされることが明らかにされ、最近では原因菌の同定も進められています。歯肉炎、歯周炎の治療には細菌の除去(プラークコントロール)とともに歯石や歯列不正、不良充填物などおもに歯垢の沈着を促進する局所的な原因の除去と全身的因子の管理が必要となります。ここで重要なことは、歯肉炎、歯周炎の予防や治療には、歯科医院における歯科医や歯科衛生士による処置にもまして、個々の患者さん自身による日頃の管理や治療への協力が大切であるということです。そのためには正常の歯周組織がどのようになっており、病変が生じるとどのように変化するのかを理解しておくことが重要です。

ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 00:21| Comment(0) | 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

山口県における歯周病治療の実情は? 山口県でも歯周病治療を多くの歯科医院で行われています。歯を失ってからではなく、歯を失う前に歯周病治療を行い保存していく。しかし、駄目な歯を歯を無理に残すことが良い治療ではありません。 しっかりと歯周病治療について理解を深めていただき、健康なお口の中を維持していただけますよう、歯周病治療に関するさまざまな情報もご案内させていただきます。【岩国市・柳井市・周防大島・光市・下松市・周南(徳山)市・防府市・山口市・宇部市・秋穂町・小郡町・下関市・萩市・山陽小野田市・長門市】歯周病予防研究会【山口県】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。