2008年09月06日

80歳でも自分の歯を20本残すA

厚生労働省は五年に一度「歯の実態調査」を実施しています。
2005年の調査で初めて、80歳で自分の歯が20本残っている人の割合が二割を超えました。二十年前の調査では平均わずか五本だったのと比べると格段の進歩といえます。
また厚生労働省は平成四年から『8020運動』を推奨しています。2010年までに80歳の2割が自分の歯を20本以上残すことを目標に掲げた計画でしたが、目標が5年も早く達成できたのです。しかし残りの8割の人々が自分の歯が20本以下で部分入れ歯か総入れ歯で不自由な人生を送っているのが現状です。

年齢別にみていくと65歳から70歳の間に平均で10本以上の歯が抜けてしまうのです。原因はほとんどが歯周病です。治療せずに放置したり、適切な治療を行なわないまま時間が経過すると、歯を支える組織や骨が吸収するために、歯がグラグラしてやがて抜け落ちてしまうのです。
歯周病の進行速度は人によって様々です。適切な治療を行なっていたか、喫煙の有無、過労やストレスの状況によって異なるのです。特に免疫機能が低下してしまう過労やストレスが与える影響は非常に大きいのです。また、糖尿病などの生活習慣病の患者は、歯周病の進行が早くなり、治りにくくなるのです。

歯周病は止める事はできても本当の意味での回復はできない。現状維持は歯周病が改善したことを意味し、いつでもまた再発の危険を持ち合わせているのです。
山口県 歯周病
ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 16:58| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
山口県における歯周病治療の実情は? 山口県でも歯周病治療を多くの歯科医院で行われています。歯を失ってからではなく、歯を失う前に歯周病治療を行い保存していく。しかし、駄目な歯を歯を無理に残すことが良い治療ではありません。 しっかりと歯周病治療について理解を深めていただき、健康なお口の中を維持していただけますよう、歯周病治療に関するさまざまな情報もご案内させていただきます。【岩国市・柳井市・周防大島・光市・下松市・周南(徳山)市・防府市・山口市・宇部市・秋穂町・小郡町・下関市・萩市・山陽小野田市・長門市】歯周病予防研究会【山口県】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。