2013年06月13日

フッ素うがい、強い歯に

フッ素の洗口剤は、日本では歯科医の指示で購入。子どもたちの虫歯を予防するため、フッ素入りの水でうがいをする「フッ化物洗口」に取り組む自治体が増えている。うがいを行っている小学校を訪ねた。
「それでは元気よく、ブクブクうがい始め!」。児童たちが音楽に合わせてうがいを始めた。
 フッ化物洗口用に作られた1分間の曲だ。まずは正面を向いてブクブク。「今度は右側」「次は左側」といったかけ声に合わせて、首を前後左右に傾けて、口の中に行き渡らせる。

 「歯のエナメル質にフッ素が作用して、虫歯になりにくい強い歯にしてくれる。ごく初期の虫歯も修復してくれます」

 同小では毎週1回、金曜日の朝にうがいをしている。養護教諭が洗口剤を希釈して濃度0・2%の水溶液を作り、クラスごとのプッシュボトルに入れておく。担任がそれを教室に持って行き、児童のカップに10ミリ・リットルずつ入れていく仕組みだ。

 佐賀県は1999年から洗口実施を市町村に呼びかけてきた。3歳児の一人平均虫歯数が全国ワースト1位という不名誉な状態が続いたためだ。
 現在は公立小168校のうち166校が実施。幼稚園や保育園で約7割、中学校が3割強になった。希望しない家庭の子は水でうがいをするようにしている。
 文部科学省の2012年の全国調査では、佐賀県の12歳児の一人平均虫歯数は0・8本で、全国平均の1・1本を下回り、全国4位。九州・山口ではトップだ。

 日本では「フッ素を取りすぎると健康によくない」という意見もあるが、世界保健機関(WHO)は69年から「安全で効果的」として利用を勧めている。

 70年代からフッ化物洗口が普及した新潟県では、12歳児の一人平均虫歯数が13年連続で日本一少ない。厚生労働省は03年に指針を作成して洗口を推奨し、山口県や長崎県、熊本県、宮崎県も力を入れている。

 福岡県では、予防歯科の普及を目指すNPO法人「ウェルビーイング」(福岡市)が、幼稚園や保育園などで普及。フッ素の水溶液を入れるプッシュボトルやうがい用の歌「ブクブクキラー」のCDなどを開発し、販売している。
ラベル:虫歯 予防
posted by 歯周病予防 at 08:34| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

歯周病で欠けた骨を再生

様々な組織や臓器の細胞の基となる幹細胞から分泌されるたんぱく質「サイトカイン」を移植し、骨を再生する方法を、研究グループが開発した。
骨だけでなく幅広い組織や臓器の再生への応用が期待されている。米再生医療専門誌「ティッシュ・エンジニアリング」に1日、発表される。
この方法は、歯周病や事故などで顎の骨が欠けた患者が対象。腰から骨髄液を採取して、骨や脂肪などの細胞に変化できる「間葉系幹細胞」を抽出して培養。その際にできた液体を含んだセラミックなどを、患者の患部に移植すると、半年で新たな骨が再生できるという。
この培養液には細胞の機能調節にかかわるサイトカインが含まれ、体内に元々ある幹細胞の活動を促す働きがあるためとみられる。患者計38人の顎の骨の再生に成功した。
posted by 歯周病予防 at 08:24| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

「本物の歯」で入れ歯

高齢化や事故で歯を失った人が、「本物の歯の入れ歯」の移植を受け、自分の歯が再生する。夢の治療の実現を期待させる基礎技術が、東京理科大と東北大、東京医科歯科大の研究チームによってマウスで初めて開発され、12日付の米オンライン科学誌プロス・ワンに発表された。
 東京理科大の先生らは、マウス胎児から歯のもとの細胞を採取し、歯の原型「歯胚(しはい)」の段階まで培養。プラスチックの型枠に4、5本並べて入れ、腎臓皮膜下に一時的に移植した。
 2カ月弱かけて大きさがそろい、エナメル質や象牙質、歯髄、歯根膜を備えて歯槽骨でつながった「再生歯ユニット」に成長させてから型枠を外し、歯を抜いた跡に移植した。1本移植した場合の詳細分析では、顎の骨と結合し、歯髄に血管や神経もでき、餌をかみこなせることが確認された。
 人間の場合は、歯のもとの細胞をどのように準備し、体内や試験管内でユニットまで成長させるかが課題。移植に伴う免疫拒絶反応を避けるには患者自身の細胞が望ましく、少年なら親知らずの歯胚、大人なら皮膚細胞に遺伝子群を導入して作る万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を利用できる可能性がある。
posted by 歯周病予防 at 13:11| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

チャーチルの入れ歯に200万円

入れ歯.jpgチャーチルの入れ歯に200万円
英国で行われた競売で落札されたチャーチル元英首相の入れ歯。予想落札額の3倍近い1万5200ポンド(約207万円)で競り落とされた。第二次大戦中に元首相が名演説を行う助力となったとされる
posted by 歯周病予防 at 08:14| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

幹細胞で歯ぐき再生、広島大がヒトで成功

 歯ぐきが細菌によって溶ける歯周病について、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ移植し、歯ぐきを再生させることに広島大の研究グループが成功した。患者を対象にした臨床研究で、移植をした患部は4-8ミリほど歯ぐきが回復した。細胞培養技術の向上などで再生効果を高め、3年以内に厚生労働省へ先進医療を申請、実用化を目指す。
広島大の栗原英見教授(歯周病学)らの臨床研究で、18日から広島市である日本再生医療学会で成果を発表する。
30-65歳の歯周病患者の男女11人から骨髄液を採取。この中に含まれる間葉系幹細胞を培養・増殖させ、医療用コラーゲンと混ぜて歯周病患部へ注入した。11人のうち、転居などで経過を追跡できなかった3人を除く8人中6人で、歯ぐきの回復や、歯周病で生じた歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)が小さくなった。移植した幹細胞が歯周組織となったり、もともとあった細胞の増殖を促す物質を出して自力での組織再生を後押ししたとみられる。
歯周病患者は軽症者も含めると国内に約3700万人いるとされる。今回の臨床研究は軽症者を対象としたが、今後、中・重症者でも効果が出るよう、採取した細胞からある程度組織を作成したうえで移植するなどの方法で臨床研究を重ねる。
教授は「治療へ向けた基本的なスキーム(計画)は出来上がった。これを進化させてさらに効果を高め、多くの人に使える治療法を確立させたい」と話している。
ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 08:16| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

「歯磨きでインフル発症率10分の1」は本当?

歯磨き指導でインフルエンザ発症率が10分の1に―。NHKが今年2月4日、情報番組「ためしてガッテン」で紹介したインフル予防法について、一部の内科医や感染症医が「医師など専門家の裏付けコメントが一切なく、釈然としない内容だった」と首をかしげている。また、ある一般視聴者は「番組を見て、数人の歯科医、感染症医、歯科衛生士に話したところ、『そんな話は初めて聞いた』という答えしか返ってこなかった」と話す。インターネット上の掲示板などでも、予防法そのものを疑問視する書き込みが目立つ。番組内では、歯科衛生士がデイケアに通う高齢者に歯磨き指導をしたところ、発症率が10分の1になった事例を挙げ、口腔ケアが予防につながるとしていたが、果たして「歯磨きでインフル予防」は本当なのか―。
posted by 歯周病予防 at 16:58| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

歯周病がHIVにも関与

歯周病がHIVを活性化
菌が作る酪酸が作用し潜伏感染者、発症の恐れがある

歯周病の病原菌が作り出す酪酸が、潜伏しているエイズウイルス(HIV)を活性化させエイズを発症させる恐れのあることを、日本大学の落合邦康教授(口腔(こうくう)細菌学)らが突き止めた。米国の医学系専門誌に3月に掲載されるという。
白血球の中の免疫細胞に潜伏しているHIVは、酵素の一種「ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)」によって増殖を抑えられている。HDACの働きが妨げられると、ウイルスが活性化し、発症につながることがわかってきた。
一方、歯周病菌は増殖の過程で酪酸を大量に作り出す。歯周病患者の歯と歯肉の間の溝からは、健康な人の約20-30倍の酪酸が検出される。落合教授と名古屋市立大学の岡本尚教授(細胞分子生物学)らは、酪酸がHDACの働きを妨げることに注目。HIVが潜伏している免疫細胞に、酪酸を含んだ歯周病菌の培養液を加えたところ、ウイルスが急激に増殖することを実験で確認した。
歯周病は軽度から重度まで含めると、25歳以上の国民の8割以上がかかっているとされる。落合教授は「HIVの感染に気づいていない人が、歯周病をきっかけに発症する恐れがある。今後はマウス実験や疫学調査で実態を解明したい」と話す。

最近、歯周病が糖尿病や心臓疾患にかかわっていることが報告されている。今回の結果は歯周病がHIVなどのウイルス感染症にも影響をおよぼすことを示している。口の中を清潔に保つことの大切さが、再認識されるきっかけになるだろう。
ラベル:歯周病,HIV
posted by 歯周病予防 at 13:59| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

年齢別に見た歯周病罹患率

歯周病年齢,.gif年齢別に見た歯周病罹患率

平成17年度の歯科疾患実態調査によるグラフです。これによると、歯周病にはすでに15〜24歳で20%の人がかかっています。歯周病はその後の年齢で増えつづけ、中高年の50%以上は歯周病にかかっています。65歳以降になると歯周病にかかっている人は減りますが、それは歯周病によって既に歯を失ってしまった人が増えるからなのです。歯周病はまさに国民病ともいえる疾患なのです。山口県,歯周病情報
posted by 歯周病予防 at 17:13| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

80歳でも自分の歯を20本残すA

厚生労働省は五年に一度「歯の実態調査」を実施しています。
2005年の調査で初めて、80歳で自分の歯が20本残っている人の割合が二割を超えました。二十年前の調査では平均わずか五本だったのと比べると格段の進歩といえます。
また厚生労働省は平成四年から『8020運動』を推奨しています。2010年までに80歳の2割が自分の歯を20本以上残すことを目標に掲げた計画でしたが、目標が5年も早く達成できたのです。しかし残りの8割の人々が自分の歯が20本以下で部分入れ歯か総入れ歯で不自由な人生を送っているのが現状です。

年齢別にみていくと65歳から70歳の間に平均で10本以上の歯が抜けてしまうのです。原因はほとんどが歯周病です。治療せずに放置したり、適切な治療を行なわないまま時間が経過すると、歯を支える組織や骨が吸収するために、歯がグラグラしてやがて抜け落ちてしまうのです。
歯周病の進行速度は人によって様々です。適切な治療を行なっていたか、喫煙の有無、過労やストレスの状況によって異なるのです。特に免疫機能が低下してしまう過労やストレスが与える影響は非常に大きいのです。また、糖尿病などの生活習慣病の患者は、歯周病の進行が早くなり、治りにくくなるのです。

歯周病は止める事はできても本当の意味での回復はできない。現状維持は歯周病が改善したことを意味し、いつでもまた再発の危険を持ち合わせているのです。
山口県 歯周病
ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 16:58| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

80歳でも自分の歯を20本残す@

歯周病と食物.gif歯は食べるだけの物だと思っていたら、大きな誤解です
歯は感度のいいセンサーであり、脳と直結している重要な出発点なのです。
ところが多くの方々が、歯がそれほど重要な役割を果たしている事に気付かないのです。
歯が抜けても「もう年だから、歯も抜けてきちゃうよね」とおっしゃるのです。

老化と共に歯が抜けるというのは、大きな誤解なのです。
歯が抜けてしまったら食事ができなくなってしまいます。
第一大臼歯(6歳臼歯)という大きな歯を1本失ってしまっただけで、通常の40%の咀嚼力を失ってしまうのです。
20歳を超えた成人でこの歯(第一大臼歯)が上下左右4本とも健全な人は1%いません。
ほとんどの人達が治療済みか、既に失ってしまっています。


一本の歯が抜けても気にしない人も多いのです。しかし一本抜けると他の歯も弱ってきて最終的にはすべての歯が抜けることがほとんどです。歯は一本一本が別々の機能を有し全部で一つの仕事をしているのです。一つの歯車が脱落するとそれを補うように他が働き、過剰労働となり他の歯も傷んでしまうのです。
現在55歳以上の日本人のうち、約400万人が総入れ歯と言われています。
これらの人達には食事の時にわざわざ入れ歯を外して食べている事が多いのも現実なのです。入れ歯が合わないから痛くて食べられないのです。


歯は無くなってからその価値が分かります。しかしそれでは遅いのです。
そのうち抜ける物と決して考えずに、自分の歯を一生使おうとすれば、自然とそれを大事にしていけるはずです。

歯周病
ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 08:50| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

歯周病は老化によるもの?

歯周病は老化によるもの?
これは老化によるものでしょうか。確かに加齢と共に歯を失う人が増えています。
逆に子供が歯周病で歯が抜けることはありません。
これは歯周病菌が出す毒素が原因となります。この毒素が細胞を破壊し歯周病になるのです。
子供の頃は新陳代謝が活発です。細胞が早いスピードで新しく作られ続けているので、壊れてもすぐに修復されていくのです。ですから、歯肉炎のように真っ赤に腫れた歯ぐきになっても、歯周病(歯を支える骨が壊れる)のようにはならないのです。

運動しても子供達は1日で回復するのに対して年を取ってくると、何日か後から筋肉が痛くなるのです。骨折をしたことを考えても子供は3週間程度の固定ですが、老人は2ヶ月近く固定することを必要とします。
加齢は歯周病になる環境因子を高めていくことに間違いありませんが、必ず歯周病になるものでもありません。またストレスや睡眠不足、風邪などで疲労がたまることでも免疫能力は低下します。様々な複数因子が免疫能力を低下させ細胞の再生能力を低下させ、細菌の数がこれを上回りますと、歯周病が発症します。

口の中で歯周病菌が活動を始めると、身体はこれに反応して血液を集めます。身体は感染の危険がある場所に血液を集める(炎症反応)のです。怪我をすると血が出るのはこのためです。血液には白血球やリンパ球が含まれていています。これらが細菌と戦い感染から身体を守るのです。また歯周病に感染すると歯を支える骨が吸収を始めます。骨には常に骨を造る骨芽細胞と骨を壊す破骨細胞が共存しています。感染を身体が確認すると細菌から距離を保とうと破骨細胞の働きを活発化します。自然と感染しないような仕組みを作っているのです。

加齢で必ず歯周病になるわけではありません。ただ少しだけ努力が必要になるのです。実際に80歳で20本以上の歯を維持している人達(8020運動達成者)もいますし、反対に若くして総入れ歯の人達もいるからです。
定期的に予防検診を続け自分の歯をしっかりと維持できるようにしていきましょう。
歯周病
ラベル:歯周病,老化
posted by 歯周病予防 at 12:21| 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

歯周病のしくみ

しくみ
腫れたり膿んだりするしくみ
歯と歯肉との間の小さな隙間にも細菌がおり、強固にくっついています。その細菌が数を増したり、より強力な菌が入ってきたりすると、身体の免疫機構が働き始め血管が拡がり、中から液体の成分や好中球が出てきます。そのために歯肉は赤く腫れてくるのです。好中球は細菌を食べて殺す働きをもっていますが寿命があり、働いた後やがて死んでしまいます。その残骸が膿みです。

歯ぐき(歯槽骨)が壊されるしくみ
免疫機構にが十分働かないと、細菌の作用によって歯周組織は無抵抗のまま速やかに破壊されてしまいます。免疫機構が正常に働く場合は防御反応としての炎症が起こされ、その結果として細菌の侵襲をある程度防ぐことができます。しかし、この狭い隙間の細菌を駆逐することは容易ではなく、細菌と免疫機構の長い長い戦いが続きます。その結果、戦場となった歯周組織の歯周靭帯(歯根膜)や歯槽骨等の破壊をともなうことになります。 歯周病

posted by 歯周病予防 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

歯と歯周組織の断面

歯周病断面.gif健康部では歯肉が歯周組織表面を構成し、深部組織を保護しています。歯肉は接合上皮といえる未熟な上皮で歯面に付着するとともに結合組織中のコラーゲン繊維によって歯(セメント質)や骨と強固に結合しています。歯は歯槽骨内に歯頚部近くまで埋まり、歯と歯槽骨間には歯周靭帯(歯根膜)とよばれる薄い結合組織が介在しています。歯周靭帯は歯と骨の結合のほか咬合力の緩衝や感覚、栄養、恒常性の維持など大切な機能を担っています。

歯肉炎になった部分では歯肉結合組織に血管の拡張や水腫、炎症細胞浸潤などがおこります。炎症性滲出による歯肉の腫脹や接合上皮の一部が破壊されることによって、歯と歯肉の間に歯肉ポケットが形成されます。ポケットに面する上皮(ポケット上皮)にはびらんや歯肉結合組織内に側方増殖がみられますが、接合組織根尖側端の位置はセメント・エナメル境付近に留まっています。炎症は歯肉に限局し、深部の歯周靭帯や歯槽骨の変化はみられません。

歯周炎になると、炎症にともなう組織破壊が深部に広がり、歯周靭帯の断裂や歯槽骨の吸収像がみられるようになります。接合上皮は根面に沿って深行増殖するとともに、歯垢に近接する部位では歯面から剥離し、深い歯周ポケットを形成します。ポケット内には大量の歯石や歯垢が付着し、ポケット上皮はばらんや潰瘍を示します。ポケットに近い部分では多数の好中球が浸潤し、膿となって排出されます。
歯周病 予防歯科


ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

歯肉をはがしたときの骨や歯根の状態

ill_kaimei_2.gif健康部では歯冠と歯根の境目近くまで歯槽骨が歯根をしっかりと取り囲んでいます。骨の表面は平坦で、吸収像はありません。歯と歯肉は密接しているので、歯肉剥離表面には歯石や歯垢の付着は見られません。歯肉炎になった部分では、歯肉をはがすと歯肉ポケット内に種々の量の歯垢や歯石が付着しています。しかし歯肉と歯根の付着はあまり破壊されておらず、骨の変化もほとんどみられません。

一方、歯周炎になった部分の歯肉をはがすと、歯槽骨が吸収され、歯根が種々の程度に露出している様子が明らかに分かります。歯周ポケットに面する歯面には、複雑な歯根の形態に沿って歯根の凹面や根分岐部の裏面にまで大量の歯石や歯垢が付着しています。吸収された骨面は一般に粗くなっていますが、吸収の仕方や程度は個々の歯や根面で異なり、場所によっては水平性に骨が吸収されたり、歯根に沿って垂直性に楔状の骨吸収がみられたりします。骨の吸収状態はレントゲン像とよく対応し、炎症によって骨がなくなった部分はエックス線が透過し黒い影として認められます。

ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

歯と歯周組織の外観

2.gif健康な歯肉は光沢のあるピンク色で適度の硬さと弾性を有しています。歯肉の外形は歯の位置や形によって決まり、歯と歯の間の部分(歯間乳頭)では先の尖った楔状となっています。歯肉の大部分(付着歯肉)は歯肉の下にある骨としっかりと結合して指で押してもあまり動きません。歯肉の表面にはところによってスティップリングと呼ばれる小さなくぼみが見られることもあります。歯と歯肉は密接にし、その境目には歯肉溝と呼ばれる浅い溝があるのみで、歯垢や歯石の沈着もほとんど見られません。付着歯肉の幅は個人や部位によって異なります。
歯肉炎になると歯肉は暗赤色となり種々の程度に腫脹することのより、歯と歯肉の境目に深い溝(歯周ポケット)ができます。歯面には歯垢や歯石が付着し、ポケットからはしばしば出血や排膿がみられます。

さらに病変が歯周炎にまで進行すると、より深部に歯周組織が壊され歯と歯肉や骨との結合が失われます。その結果、歯肉が下がりしばしば歯根が露出して、一見歯が伸びたように見えます。歯肉は暗赤色で腫脹したり逆に萎縮したりします。歯と歯肉の境目には組織の破壊による深い溝(歯周ポケット)ができ、排膿や出血がみられます。露出した根面には普通大量の歯垢や歯石が付着しています。歯は動揺し、高度に組織破壊が進行すると歯が脱落することもあります。


ラベル:歯周組織
posted by 歯周病予防 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

歯周病とはどのような病気か?

歯周病(歯周疾患)には歯周組織に生じるいろいろな病気が含まれますが、そのほとんどは歯垢(プラーク)中の細菌によってひきおこされる炎症性疾患、すなわち歯肉炎と歯周炎よりなります。歯周炎はムシ歯(う蝕)とならんで歯がなくなる二大原因の一つとしてあげられ、とくに成人期以降では最も重要な位置を占めています。以前は、加齢とともに歯槽膿漏になって一本または一本と歯がなくなり最後は入れ歯になると考えられていましたが、膨大な疫学的調査や基礎、臨床研究の結果、歯肉炎や歯周炎を予防したり治癒させたりすることができるようになってきました。

歯肉炎、歯周炎はプラーク中の細菌からの有害物質によってひきおこされることが明らかにされ、最近では原因菌の同定も進められています。歯肉炎、歯周炎の治療には細菌の除去(プラークコントロール)とともに歯石や歯列不正、不良充填物などおもに歯垢の沈着を促進する局所的な原因の除去と全身的因子の管理が必要となります。ここで重要なことは、歯肉炎、歯周炎の予防や治療には、歯科医院における歯科医や歯科衛生士による処置にもまして、個々の患者さん自身による日頃の管理や治療への協力が大切であるということです。そのためには正常の歯周組織がどのようになっており、病変が生じるとどのように変化するのかを理解しておくことが重要です。

ラベル:歯周病
posted by 歯周病予防 at 00:21| Comment(0) | 歯周病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
山口県における歯周病治療の実情は? 山口県でも歯周病治療を多くの歯科医院で行われています。歯を失ってからではなく、歯を失う前に歯周病治療を行い保存していく。しかし、駄目な歯を歯を無理に残すことが良い治療ではありません。 しっかりと歯周病治療について理解を深めていただき、健康なお口の中を維持していただけますよう、歯周病治療に関するさまざまな情報もご案内させていただきます。【岩国市・柳井市・周防大島・光市・下松市・周南(徳山)市・防府市・山口市・宇部市・秋穂町・小郡町・下関市・萩市・山陽小野田市・長門市】歯周病予防研究会【山口県】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。