2008年07月31日

歯周病とがん

衝撃的なニュースが飛び込んできました!
2008年5月27日に歯周病とがんに関連性がある事が発表されました。
様々な病気と関連のある歯周病!これまでにも歯周病と肺炎・歯周病と骨粗鬆症・歯周病と糖尿病・歯周病と心筋梗塞・歯周病と早産・歯周病とメタボリックシンドロームと報告されていました。
今回、歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が明らかになりました。インペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク・ミショー博士らが専門誌に発表されたのです。

歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究で、がんを患う可能性が全体的に14%高いことが判明しました。論文では「喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」報告されています。
死因のトップであるがんとの関連性が報告されて今後の歯周病予防対策がより一層重要となってきました。

死因
1位 悪性新生物(がん)
2位 心疾患
3位 脳血管疾患

歯周病は全身疾患の一部です。歯周病が恐ろしいのは、歯周病が起きた背後に、全身の様々な疾患が隠れているという点です。頭痛、便秘、不眠、冷え性といった症状から、動脈硬化、肝硬変、糖尿病、腎臓疾患、貧血まで実に多岐にわたります。つまり、歯周病=骨が溶けるような人は全身的にも病んでいる、病んでいるから骨が溶けると考えられ、"歯周病は極めて悪い状態にある身体の赤信号である"、といえます。
歯周病も免疫病の一つです。歯茎が弱っている方は免疫力も落ちていますので、がんとの関連があると考えられています。 歯周病 がん
ラベル:歯周病,がん
posted by 歯周病予防 at 08:14| 歯周病とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
山口県における歯周病治療の実情は? 山口県でも歯周病治療を多くの歯科医院で行われています。歯を失ってからではなく、歯を失う前に歯周病治療を行い保存していく。しかし、駄目な歯を歯を無理に残すことが良い治療ではありません。 しっかりと歯周病治療について理解を深めていただき、健康なお口の中を維持していただけますよう、歯周病治療に関するさまざまな情報もご案内させていただきます。【岩国市・柳井市・周防大島・光市・下松市・周南(徳山)市・防府市・山口市・宇部市・秋穂町・小郡町・下関市・萩市・山陽小野田市・長門市】歯周病予防研究会【山口県】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。